機器の詳細
Biotekeは、Biotekeは、低価格、高品質で優れたサービスを提供する製品を世界に提供し、より高い卓越性を追求することを主張しています。
在宅 » 楽器センター » すべての楽器 » 自動核酸抽出システム-AU1001(スループット-32)

自動核酸抽出システム-AU1001(スループット-32)

ウイルス、組織、細胞、綿棒、糞便、植物、血液および他の臨床的または法医学サンプルからの核酸抽出のために
可用性ステータス:
数量:

説明

BioTeke社の自動核酸抽出システムは、最先端の磁気ビーズ分離技術を用いて、DNA/RNA自動抽出手順の迅速かつ容易な操作を実現している。分離・精製の手順はすべて32ウェルプレート内で完結し、抽出・精製に必要な通常の遠心分離やフィルターのようなステップは必要ない。本システムは、血液、組織、細胞、スワブ、ウイルス、その他の臨床検体や法医学検体など、1~32の検体から高速で抽出・精製プロセスを完了することができる。抽出された高品質なDNA/RNAは、qPCR、臨床分子診断、遺伝子発現解析、遺伝子解析、法医学・感染症研究など、高感度なダウンストリーム分析にすぐに使用できる。精製された核酸は、次の酵素切断や同定、病気の診断や治療などに直接応用することができる。Bioteke社は、国内の核酸分離精製技術の有名企業として、本装置に使用する100種類以上の抽出キットを提供しており、本装置を最大限に活用し、コストを最小限に抑えることができる。 


特徴


1. フレキシブルで便利


本装置はコンパクトなデザインで、操作が非常に便利である。自由にプログラムを組むことができ、素早く実験を完了することができる。DNA/RNA機器のワンボタン抽出、32モジュールと大容量の8モジュールを自由に切り替えることができ、作業量は7mlまで可能である。

 

2. 温度制御  


加熱モジュールを120℃まで素早く加熱するように設定することで、低温モジュールを拡張することができ、製品の移送を急がなくても、良好な生物活性を維持することができる。 

 

3. さまざまな検体に対応


組織、各種血液、血清、細胞、体液、分泌物、食品、ウイルス、細菌など、さまざまな検体を扱うことができる。


4. オープンプラットフォーム 


100種類以上の自社製磁気ビーズキットを用いて実験を完結できるだけでなく、試薬の完全なオープン化を実現している。 


5. アプリケーション 


本製品は、主に科学研究プラットフォーム、大学の研究室、病院の中央研究所、地方の疾病予防と制御センター、食品安全プラットフォームなどで使用される。 


AU1001S主要パラメータ 

モデルタイプ

AU1001S

製品タイプ


核酸の抽出

製品名

 
自動核酸抽出装置


寸法

430mm*330mm*325mm


重量

16KG


供給電源

220V


消費財


対応する試薬、モデル番号 No.AU17011、No.52012

使用環境相対湿度

30%~80%


使用環境温度

15~30℃


温度制御範囲

4 to ~100 ℃
4~100℃


温度制御精度

±0. 1℃


平均昇温速度

2.5 ℃/s


処理量

10-1000μL


磁力


4500ガウス以上


処理能力


一度に32枚


抽出時間


15分~2時間(キットにより異なる)


認証取得状況

CE, 13485, FDA

 Testing data

実験1:FAMチャンネルテストのCt値


データ图1.

実験2:FAMチャンネルテストCt値


データ图2.

上記2つのテストデータによると、96スループットRNA抽出システムはエアロゾルコンタミネーションを発生させず、中濃度と低濃度の検体、ポジティブとネガティブの検体の間に明らかな違いがある。検体抽出の均一性が高く、CV値が3%以下である。


プレースホルダー画像

電話008651068501244

著作権BIOTEKE CORPORATION(無錫)有限公司